UnityAssets研究日誌!

Unityの技術とかAssetsとかを覚え書く鈍足日記

UnityAssets 研究日誌 第7回

はい、どうも7回目です!

一週間から少しずれてしまいましたが気合を入れて書いて行きましょう。

 

さて、今回の紹介するAssetsはこちら!

販売ページでは現在価格:$10.79

こちらになります。ミラーシェーダー。

これ、滅茶苦茶いい。

ミラーにテクスチャを割り当てることもできるんです。

つまり割れたガラス等を再現することも可能という事。

 

中身紹介!

f:id:YAKURO12:20180411135630p:plain

こんな感じで鏡になるシェーダー。

使い方は簡単。

適用したいオブジェクトに

f:id:YAKURO12:20180411135826p:plain

このようにセット、それで使えるよ。

鏡の精度をあげたかったらTextureSizeの値を大きくすると上のスクショみたいに

綺麗になる。その分重くなるから調子に乗らないように!

・MirrorReflection FastMirror Forward

・MirrorReflection FastMirror Deferred

が入っていて、横用と縦用のシェーダーが入っているので適時適用すること。

テクスチャの適用を見てみる。

f:id:YAKURO12:20180411140654p:plain

こんな感じで水のテクスチャを適用してみる。

やばい、これはかなりイイのでは?

やっぱり揺らめきは無いけども、

反射だけで済む部分はこのシェーダーで行けるのでは?

たとえば水たまりとか。本来の使い方は鏡だと思うけども

家の窓のシェーダーを書くのは経験上つらいのでこれを買って

ショートカットするのがおすすめだ!

 

今回はここまで!それでは!

 

 

UnityAssets 研究日誌 第6回

ほいほい、またまた記事投稿が遅れ……えっ?もういい?

お前の記事遅くて誰も見たくない?

……いや、マジすいません……反省してます……

 

今迄twitterに流しても更新されてないじゃん!とか言われる奴

(もう言われてるでしょう)をなんとなく回避するべく

極力1週間以内更新をすることにしました。

さて、心を入れ替えてきちんと更新するよ!

その代り、有料Assets以外も紹介していこうかなと思います。

そうすれば無料のAssetsと有料のAssetsの比較もできそうなので。

 

さて、今回やっと6回目となる記事です!

 

 

 

今回紹介するAssetsはこちら!

なんとテクスチャパック!

以前、皆でゲーム開発しようとして買ったけどチームが空中分解して

使われていなかった奴!

中身は良いので今回紹介という形で消化していこうと思います。

いくらかはこの中のテクスチャ使って地形作っていこうと思ってるんで!

 

まずはちょびっと紹介。

さっそくマテリアルにくっつけて表示してみるよ!

f:id:YAKURO12:20180331182607p:plain

水のテクスチャ。かなりイイ!揺らめいたりはさすがにしないけど
これあればかなり良い所まで再現できそうだ。

f:id:YAKURO12:20180331182615p:plain

f:id:YAKURO12:20180331182620p:plain

草原系:手描き系のキャラクターにマッチするな。うちの子にもよく似合う。

f:id:YAKURO12:20180331182629p:plain

秋っぽい奴もある。季節の表現もできそう。このほかに雪のテクスチャもある。

f:id:YAKURO12:20180331182634p:plain

あと汚れた感じのテクスチャも数枚入っている。戦争系?たぶん。

f:id:YAKURO12:20180331182641p:plain

これは砂のテクスチャ、砂漠ステージに合いそうだ。

そのほかにも崖のテクスチャ、タイルのテクスチャ、床板のテクスチャとかなりの枚数が入っていてそのまま使ってステージ作れそうな内容となっているぞ!

 

ちなみに筆者がこういうのを一枚描くなら大体1日費やしたり
早くても5時間はかかる。およそ15$は破格だね。

なのでそういう工程を吹き飛ばしたい方は是非買うべきなのだ!

 

それでは!

UnityAssets 研究日誌 第5回

お久しぶりです。まずは前置きをします。

Assetsは買ってはいたのだけど全く手が付けておられず

そのまままた1か月立ちそうなYAKUROです。

 

それで、重大ハッピョーがあります!

なんと!お仕事を辞めました。

 

……まあ、普通はね、読者には関係のない事なのかもしれないし

ぶっちゃけそうでなくても更新してないじゃんと言われるやーつなんだけど?

一応、体裁としてはしっかり買ったものを使い倒して記事として書ける程度になったら

乗せて行こうという趣旨なのです。何が言いたいのかと言うと収入が無くなるので

単純にAssetsの購入ができなくなるという事です。

 

でも、まだ発表してないAssetsもあるので、そして今度はお時間が余るので、

しばらくは定期的に載せていけそうな感じ。

良いんだか悪いんだかわからない報告でした!

 

では、最近やっと使い倒してきたAssetsを乗せようと思います。

 

今回紹介する奴はこちら!DA!

 

はい、ダイナミックボーン最近はVチューバーさん達が使ってる奴。
正直私もVチューバーになりたいがよくわからない。
あれってVRチャット内でVチューバーをやっているのかな?
それともUnityでローカル環境を作ってそこで動画と画像合成しているのかな?

ちょっとよくわからないけど。なんかやってみたい。
まあ、この話はここまで、紹介に戻っていくよ。

 

このAssetsはなんかダイナミックに動いてくれる奴!
これだけで、だいたいの説明が終わるのだけども。

要はおっぱいとかスカートとか。
あとはケモミミ、ケモ尻尾……
揺れ物のスクリプトですね。

 どうにかこうにかスクリプトの値情報を調べる。

このDynamicBoneすごい代わりに色々設定も多くて色々大変。

f:id:YAKURO12:20180308193817p:plain

こんなのわからん。どうしよう。
でもだいたい上の値にしてみた。

そう考えた時に思い出した。

Vチューバーさんがまとめてくれてたりしない?

 

はい、まとめてくれていました。良かった。

日本wikiなので英語がチンプンカンプンな主でもダイジョーブ

よって、調べれば上位に出てきますので割愛。

でも引っかかった所をかきまーす。

  • そもそもDynamicBoneスクリプトはどこにアタッチするのか
    親を抜いた子供に着ける。項目にRootがあるのでその部分に親を入れる。
  • DynamicColider radiusの設定はDynamicBoneとDynamicCollider
    両方で設定しなければならない。
  • DynamicBoneのHeightが長さではなかった(カプセルコライダーだと誤認識していた)

 

あとは、だいたい重要に項目。

  • Elasticity (弾力性) 元に戻る力
  • Stiffness (剛性) 骨の向きの保存率
  • Inert (不活性) どれだけ無視されるか

そこからさらに貫通とかが気になる。
または、貫通しないようにDynamicBoneColliderを設定する場合も
今の時点で参考例がVチューバーのサイトに乗っているのでこちらも割愛。


なんかの都合で無くなったら後更新で乗せるかも。

 

割愛しかしてないジャマイカ。
本当ごめん。

それでも記事は書く。で設定した結果(Colliderはまだ)

f:id:YAKURO12:20180308200915g:plain

こんな感じ。あとはコライダーを設定だ。

でも、一々ボーンに手動設定していってるから少しつらい。

 

スカートに関しては自動で設定するスクリプトを組んでみたけど

全て同じ値だと後で不都合が出そう。やっぱり一つ一つ設定した方がよさげ。

 

それでは!

 

 

 

 

 

UnityAssets 研究日誌 第4回

ハイどうも!お久しぶりです。

まさかの先月たったの一つしか記事書いてないじゃん!

とか怒られそうですが金欠だったので……ぐふぅ。

今回はこれ!言わずとしれた宴のパワーアップしたやーつ!

 

はい、突然ですが本当にここで謝らなければいけないことがあります。

買うと決めてtwitterで宣言してからウダウダしているうちに

バージョンアップしていました。

本当にすまん!でも買ったから許して!

 

 

じゃあ使い勝手を書いていくよ!

 公式チュートリアルを参考にサンプル作ってみる。

チュートリアルが豊富だからすぐにまねできる!

私は会話シーンのためにこれを購入したので

そのサンプルももらってくる。

会話シーンとして宴を使う。

 

 ※やっていることは公式そのままなので割愛

でも簡単に文だけで書くよ。

①Tools > Utage > New Project」から新規プロジェクトを作成。
②Project名を英語で表記、ローマ字も可。日本語はNG
③リストをAdd to Current Sceneへと変更 + その他もろもろ設定
④Createボタンを押す。

でおkとの事。

なんとか動いた。

サンプルをコピって動かしたのになんか動かない。どうして?
と悩む事数時間。何がおかしい?

AdvEngine StarterのStartScenarioは空白だとエクセルシートのStartを
読みに行くそうだ。

じゃあStartを入力すれば動くのか?やってみる。
……AdvEngine Starterの方じゃないのかー

そう言えば今コピってきたほうのスクリプトの方にも
記入する部分があったな。そこにStartと入れてみるか。

そうして起動。動きました。よかったよかった!

f:id:YAKURO12:20180204150248g:plain

 

ちょっと悩んだのは自分の頭が足りないからでした……反省。

で、一瞬でアドベンチャーができてしまった訳で。

いいじゃん……これ……もっと早く買っておけば……

でも、まだサンプルをちょびっと弄っただけ。

もっと使いこなせるように頑張るぞー!

 

UnityAssets 研究日誌 第3回

ハイどうも!年明け一発目の記事ですよっと!

……年末忙しいですね。

……全く寝正月と言った言葉は現代にもう存在しないんじゃない!?

そんな勢いで仕事を進めていたらこっちの更新がおろそかになってしまって

申し訳ない!

でも、ちゃんと紹介するAssetsを探していたので安心してね!HAHAHA☆

 

それじゃあ今回の紹介はこれ!

 Naokoちゃん!

ストア価格 $48.06

め、めっちゃかわいい。

はい。かわいいです。やばくね?

メイド喫茶のゲームとか作るならこれでいいんじゃね?

と言うぐらい高クオリティ。

値段は言うまでもなく安い!

$44.50って高いじゃん!って?

いやいや、モデルだけでも破格ですよ。

 

それでは中身を見て行きましょう!

中身はアニメーション:19

エモーションは:8

通常モデルは:8071

ビキニモデルは:5435

 なんだって。公式で見てきた。

※シェーダはUnityちゃんシェーダだったよ。

ポリゴン1万切ってるのか……すごいな……

自分が作る時なんか3万ポリまではありとか思ってるのに……

f:id:YAKURO12:20180108145502g:plain

モーフがあるのが強い。これだけでリアルタイムアニメとかやるなら

買いだよね。自分で作ったことがあるから言えるけど

これ滅茶めんどいのよ。それ含めてこの値段はヤバイ。

仕様方法として言うなら主人公はもちろんサブキャラクターとかにも合いそうだね。

喫茶店の看板娘的な?

 

 モーションちょびっと紹介

f:id:YAKURO12:20180108152937g:plain

あと個人的に良かったのが横を向くアニメーション。

これがあると楽という事が解って満足。

是非自分のモデルにも組み込もうと思う。

 

着替え

 

 

f:id:YAKURO12:20180108150329g:plain

ノーマル・水着・ヌードが入ってるよ。

ええ、脱げます、がこの記事では紹介しません。

きちんと買って作者に貢献してよね! 

 

ストア価格 $48.06

 

 

UnityAssets 研究日誌 第2回

ほい、第2回でーす。

うん、一週間ちょーはやい。やばいね。

年越しが確定してしまったから転職は来年かな……

今のところまだまだ紹介できるストックがあるから更新できてるけど

ストック無くなったら第1回の時に言ってた鈍足更新になるよ!

 

ほいじゃ紹介。今回はこれ!

前回、パーティクルも欲しいとか最後に言ってたけど。

買ってたわ。完全に忘れてた。

 

特にいう事もなくCartoonのエフェクト

これ一つあれば時短間違いなし!と思って買ったはいいけど

エフェクト実装するまでに至らず結果忘れ去っていたという……

とりあえず、中身を見ていくよ!

適当に上げてみた。

f:id:YAKURO12:20171219221328p:plain

うーん静止画ってパーティクルの派手さがうまく伝わらないな……

ちょびっとだけ中身紹介

f:id:YAKURO12:20171219224259p:plain

爆発系、煙のパーティクルがモロにCartoonの物からちょっとリアル目の物まである

f:id:YAKURO12:20171219225143g:plain

個人的にお気に入りの奴。雷こういうのもっと欲しい。

f:id:YAKURO12:20171219225424g:plain

なんかもしゃもしゃしている奴とか。

このほかにもまだまだあるよ!

これで25$なら安いぐらい。

値段も適正だと思う。

 

でも、もっとパーティクルほしいから何かいいAssetsあったら是非教えて!

まあ、そのまえにパーティクルを使えるような実装をしないとね……

 

ということで!今回は終わり!

 

 

 

 

 

 

UnityAssets 研究日誌 第1回

今回の紹介はこれ。オススメ

はい、おひさしぶりです。

前回の投稿から一瞬で一週間たちました。

ヤバイね、続くのかねこのブログ。

 

先に断っておくけども

このブログ、(アフリ的に)非常に効率悪いけど

買ったものしか紹介しないからね!

まあ、だからお財布的に厳しかったら期間が開くよ。←ココ重要

 

だって自分の覚書的な要素あるし。良い物は拡散したいし。

……まあ、前置きはここまで。

 

で、このAssetsかなり優秀。

風のタクト的な水の表現でトゥーン系の水処理を買いたい人におすすめ。

あと、きちんと地面と重なるところに波紋ができるというすばらしい処理も入ってる。

10$って安すぎんよ!

 

そいじゃ使用感書いてっちゃうね。

f:id:YAKURO12:20171213212214p:plain

どっちもデスクトップ用
中身はモバイル用も入ってるよ。

マテリアルを割り当てればいろんな形にもできるから汎用性も高い。

f:id:YAKURO12:20171213212405p:plain

あとこんな感じでマークがつくからどこに使っているかわかりやすいよ。

f:id:YAKURO12:20171213213206p:plain

あと気合入れてパラメーター調整すれば毒っぽくもなる

f:id:YAKURO12:20171213213209p:plainマグマっぽい?なかなかいい感じ。

ってことで自分はこれでいい感じに水ライフを楽しんでいるよ!

あとはパーティクルとかそっちら辺も買いそろえていきたいよね。

 

ということで!今回は終わり!